2016年05月31日


スポンサーリンク

ジョナメイの母が39才で死去

5月24日
知人からジョナメイの母親が死んだと、連絡が来ました。
サントん暮らしに来られる皆さんでも、ジョナの母親は
ご存知ないと思います。
今、ジョナは23才ですが、母親は39才です、

IMG_1161.jpg
ジョナメイの母 39才
IMG_1160.jpg
実は10年程前からの知り合いですが、名は知りません。
 
顔・姿を見ると歯は抜けて、毎日汚い姿で歩いて、見た目は
もう50才過ぎの婆です、私がこの母を初めて見たのは
確か、母親が29才位かな?、母親は子供をお婆ちゃん
預けて居て、何処に居て行方不明です、
マグサイサイに帰って来たのが、まだ5・6年前と思います。
その時、新たな子供を連れてマグサイサイに戻りました、
その後3年くらいで、また違う男がマグサイサイにきて
一年くらいかな?母親と暮らして居ましたが、その内見なく
成りました。つまり、男にはだらしがない母親で、ジョナメイも
母親を慕う気持ちは有りませんでした、ジョナメイは自分の母親は
お婆ちゃんと思っています。
男が出来るとそこに行き暮らして別れると、マグサイサイに戻る
生活を繰り返して居ましたが、この4年程は、マグサイサイに
ジョナメイ達と暮らしてい居ました。
その間、仕事はマグサイサイの各家のゴミを捨てに行き、その
手間賃を貰い、生活をして居ました、その間私の家のゴミを
捨てるから、お金をくれと言う物で、契約をして居ましたが、
お金は前払いでしたが、ゴミは捨てに行きません、
私が、言うと、後で、後でです、
こんな事が、何度も繰り返して居て、約束を果たしませんね。
しかし、母親は、子供が、病気とか、ご飯を食べていないとか、
お金をくれです、それも何度かは、お金をあげていましたが、
私はその後は拒否をして居ました。
確かに30代で若いのですが、私から見たら、ばい菌が     
歩いて居るように見えます、汚いのですよ、顔は歯が抜け落ち
服は汚く、みすぼらしいのですよ、マグサイサイの住民からも
嘘つきで、評判も悪く誰も相手にしませんね、
でも、私は時たま、飯を食べさせたり、パンをあげたり
していました。
そんな、母親が死にました。
棺桶に入られている、母親の写真が送られて来ましたが、
綺麗な服に包まれて静かに寝るように写され居ました。

この人が死んで思う事は、女で有りながら、お洒落をする事も無く
勿論、生まれて来て、一度も旅行とか自分の子供達と家族で遊ぶ事も、
なく、また携帯電話も旅行も、マラボーンから、出る事無く、
唯、本能だけで、子供を5人も生んで、死んで逝きました。
一番下の子供はまだ一年未満です。
子供を不幸にさせる為に、この世に生を受けたようですね。
ジョナメイ姉妹を見て居るとそう思います。
これからこの子供はお婆ちゃんが育てると思いますが、
どの様な未来が有るのかな?
この死んだ母親に5歳に成る子が居て病気持ちです、
一度、この子の為に母親がお金を集めて回りましたが、
そのお金で子供の治療はする事は有りませんでした。
3年前に私にも言うて来ましたが、私は話を聞きませんでした。
今ではその子供の症状はかなり進行しています。
まだ、手術で早めの治療を願うばかりです。

兎に角今は唯母親の、冥福をお祈りするだけです。

スポンサーリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
クリックにご協力下さい
posted by サント芹沢 鴨 at 04:22 | 京都 ☁ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: