2016年05月28日


スポンサーリンク

我が町内は浸水が名物でしたよ、

間もなくフィリピンも雨季の季節に成ります。
しかし、10年程前から、異常気象で雨の降り方も
変わり、日本の梅雨の様に長く降る続きます。

IMG_1673.jpg
部屋に水が入る様に作りました。

その為、マグサイサイは、増水と成り水との戦いですよと
今まではそうお伝えして居ましたが、今回は、違います。

IMG_1687.jpg
日本の中古エンジン

昨年は、雨季に更に3発の台風の影響で、想像を超える、長時間降る雨、
それも傘が役に立たない程の雨ですが、長年に掛かり築かれた、
マグサイサイを守る強靭な堤防と強力な排水ポンプで、
マグサイサイは守られて、水は入りません、

IMG_1680.jpg
強力なエンジンで排水能力もアツプ

本来なら、ここまで雨が降ると、もうアウトで、我が家の
ポンプでは役に立たず、家の中まで入る水で、難儀して居ましたが、
マグサイサイの堤防更に我が家の受け身の対策で、今の所は、
何の心配も無く、クリヤーですね。

IMG_1671.jpg
こんな光景は普通です。

しかし何が起きるか判らないのが世の常です。
今後も、気を配り、注意してこれからの更に降る、雨に警戒して居ます。
ですから今も排水ポンプと自家発電機は備えています。
今回の雨季による、マグサイサイは増水に寄る被害は無く、
これで、家の建設で僕の考えは正しい事が、証明できます。
その建設方法は、
私は十分に高齢です、マグサイサイは、家を建て直す時、1階は
土を入れて、高くして、水対策をしています、現在も同じです。
我が家は違います、入る水には抵抗せず、お入り頂きます。
そして、お帰り頂く時も、お留はせず、速やかにお帰り頂く
作りです(笑)
前回、これは証明されて居ます(^^♪
以前は、家の中に大きな水槽を作り、止め切れない水はこの水槽に
入れて、ポンプで排水して居ました。しかし増水がますと、水槽も
ポンプも許容範囲を超えると、もう役に立ちません。後はされるが
ままです。
それならば、家を高くすれば、済む事ですが、それは出来ない、私は高齢者です。
1年に1回か2回の洪水に、家を高くして余分な力を使う事は嫌です、
現在我が家は4階まで有ります、それを更に高くする事は体力的は
無理です。
それで、権力には抵抗しない事にして、我が家の簡易堤防は壊し
更に水槽は埋めました。これにより、ストレスの一つ増水問題は
無くなりました。一階は、水が入りますが、それの対処は出来て
居ます。
今回の雨台風でも洪水は無い事が判りました。



スポンサーリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
クリックにご協力下さい
posted by サント芹沢 鴨 at 08:46 | 京都 ☁ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: