2016年05月16日


スポンサーリンク

フィリピン次期大統領に期待をします。

本日も減量作戦の話題ですが、
その前に次期大統領 ロドリゴ・ドゥテルテ氏の事を
何故かと言いますと、私は彼に期待しています(^^♪
彼は私から言えば硬派な方です。

ロドリゴ・ドゥテルテ.jpg
ロドリゴ・ドゥテルテ氏(71)

フィリピンの大統領選でロドリゴ・ドゥテルテ氏(71)が勝利した。南部ミンダナオ島のダバオ市長として、
超法規的なやり方で治安を改善した実績を誇るドゥテルテ氏。そこに強いリーダーシップを見いだし、
変革への期待を託した有権者が多かったようだ。選挙戦で過激な発言を連発し、「フィリピンのトランプ氏」
とも呼ばれた次期大統領は、どんな人物なのだろうか。

フィリピンニュースに寄ると、
初めて行った記者会見で同氏は「議会に絞首刑の復活を求める予定だ」と表明。
フィリピン次期大統領、死刑復活を公約したロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)氏
(71)は15日、犯罪撲滅策の一環として、死刑制度の復活を目指す意向を明らかにした。また、
警察に容疑者の射殺を許可する方針を示し絞首刑が望ましいと言明。

AS20160510003659_comm.jpg

犯罪組織のメンバーや、当局による身柄拘束の試みに対し暴力をもって抵抗した者に対しては、
治安当局に射殺命令を出すと述べた。
ドゥテルテ氏は、死刑を今後、麻薬犯罪や強姦(ごうかん)、殺人や強盗などの広範な犯罪に適用したいと述べている。

aa8bb025.jpg

措置を導入すると宣言した。子どもが街頭で保護された場合、親が逮捕・収監されることもあるとしている。
同氏はさらに、公共の場での午前2時以降の飲酒や、子どもが大人の同伴なしに深夜に外出することを禁止するまた、
また彼は麻薬撲滅で有名な人です。
私はこれに期待をします(^^♪
マグサイサイには麻薬王が居ますが、逮捕されてもすぐ出て来て、マグサイサイで君臨しています。
私は此奴に酷い目に遭わされて、マグサイサイを追放されました。
(現在は追放処分はクリヤーしています)
私の恨みは晴れません、何故か?私は間違いで逮捕され、ボコボコされたのですよ。
ですからこの大統領に恨みを晴らして貰いたいですね。

多分、奴は次期大統領に脅威を感じて居る筈ですよ。
さてどうなるか楽しみです(^^♪

               (こ文章はyahooニュースからも引用しています。)




続きを読む

スポンサーリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
クリックにご協力下さい
posted by 極楽蜻蛉 at 20:13 | 京都 ☔ | Comment(0) | 極楽蜻蛉の史跡周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする