2015年06月15日


スポンサーリンク

サントンん暮らしより

本日の書き込みは「サントん暮らし」からです。

>まあ サントさんも売れない吉本漫才師位の知名度がフィリピンじゃありますので

ばぶさん、上手い書き方です、フィリピンに長く住めば済むほど、
如何に知られて居ないと判ります、10年程前は、俺てフィリピンでは
名前は知られているなと、勘違いした事も有りますが、今年からフログを始め
判りましたね、出て来る名前ね、「カバナトゥアンのひろし」さん、
青年さん、亡くなられたSHOTAさん等で貧民屈で暮らすサントなんて
殆ど知名度有りまへんがな(笑)

しかしね、判りました、フィリピンでシツカリ根を降ろし、貧乏な暮らしを
していない人、更にフログで書かれる内容がブレない人、
それと自分の手の内見せず、「おや?この方は凄いぞ!」この人はフィリピンへ
逃げて来た人と違うぞ!
それを思うと、おいらは・・・・・・・・

でも今更、どうあがいても、サントは軽い男だし、ブレ捲る男で
一本の筋も通らない浮ついた人間ですから、魅力の男です。

でも思いますよ、有名とは自分で積み重ねて築くものと言うう事が
「ラスンゴレライ』では駄目なんです(笑)一発屋でもは駄目なんですね、

でも有名に成らなくても、良いでは有りませんか、今後も僕は
マグサイサイのゴミ溜めで、埋もれて行きますよ(笑)

小さな子供達のスターとして暮らして行きたいですね(^^♪
簡単んな事です飴玉です(笑 )鞭は駄目ですよ(^^♪

フィリピンに戻り、昨日もシーサンと語りましたが、お互い日本での
暮らしは、面白くないと、銭湯とか病院で年寄りが話す内容は寂しいと、
若い者の中にも入る事も出来ず、と言うより日本は子供・若者・年寄り
と周波数が違います、1チャンネルは1チャンネルなんですね、

ところがフィリピンは周波数が全て同じなんですね、だから、年寄りが
若い者の中に入れるのです、なんで?なんですが、これはフィリピンは
年寄りが少ない、日本と逆で若者が多い事ですね、それよりなにより
貧しい事です、これに尽きますね。これが周波数を同じにしています。
この周波数を同じにする物が「お金」なんですよ。
フィリピン人の若い女が年寄りと結婚する事は、お金と結婚しています。


今日は良い話しでしょう(笑)、これをフログに載せよう(笑)

この写真は昨日の物ですが、FBにも掲載した物です
お菓子の小袋で作るランドセルです、
これをココマグサイサイで子供の誕生日にプレゼントしたいと思い
考案しました、試しに昨日、するとどうです、2個作りましたが、
1個はこれがランドセルと判らず、1瞬で子供が群がり、バラバラに
もう1個は親が持ち去りました。
マグサイサイでブームを起こしたいですね(笑)

IMG_0290.jpg


もう1枚の写真は昼の食事です、これを餌と言わずなんと言う(笑)
これだけです、豚肉の細切れが2つとご飯だけです。

IMG_0291.jpg


スポンサーリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
クリックにご協力下さい
posted by 極楽蜻蛉 at 03:55 | Comment(0) | 極楽蜻蛉の史跡周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする