2015年05月21日


スポンサーリンク

サントの決断 その2

 元々、フィリピンへの出張はマグロを探すのが目的でしたが、見つからず、
水産加工に変更しました、その時にナタデココを出されて、試食しました、
何と今までの日本での食感と違う、心地よい歯ごたえでしした。

直感でこれは行けると、思い会社に持ち帰り、社長の判断に任せる事に成りました。
この話はいずれ別の時に・・・・・・・

実は、仕事の合間に遊んで居ました、当時マビニに歓楽街があり、此処でのゴーゴーバー
は凄いでした、そのマビニの近くにピスタンピリピーノと言う土産屋とレストランが有りました。

此処で土産を探していると、日本語で呼びかける女がいました、
流暢な日本語で、足の長い少し日本人顔の店員が居ました。
懸命に土産を薦めるのでなく、私を食事に連れてくれでした。
僕は心良く彼女を誘い、食事に誘い、その時に会社の名刺を渡し

社交辞令で、日本に来たら、面倒見ますよと言いました、これは本当に軽い気持ちでした。
それから、1年後かな、本当に彼女は日本に来ました、当時の日本はフィリピンに対して
15日間のビザが出て居て誰でも日本に来れました。

これが、今の僕の妻で、この時から家庭は崩壊の長い修羅場の道の始まりです。
この修羅場の事は語る事は出来ません、それはそれは僕が悪魔に成るのですから。

今の妻は、1年の間、キアポの教会で願を賭け、旅費を貯めた居たようです。
僕は気楽に、フィリピンの事を夢見て居ました。

フィリピンから彼女が来て、僕は決断を、それから約20年でフィリピンに永住しています。

e6ada6e5af8ce5a3ab1.jpg
hqdefault.jpg
写真と本文は別物です。


                         第2部から3部に続きます。



スポンサーリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
クリックにご協力下さい
posted by サント芹沢 鴨 at 21:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク

サントは平凡な妻子思いの男

何故?キャプテン サントがフィリピンに興味を持ち
フィリピン人と結婚し、更に暮らす事になつたかの原点が
伏見キヤスルランドに有ります。
今日はそれを詳しく語りましょう(^^♪
本当はバナナをフィリピンで植える筈では有りませんでした、
この当時(17才から35才まで)は、バナナは沖縄か奄美大島等へ
移り住み、この地でバナナや熱帯植物等を植えたいと考えて居ました。
ですから、フィリピンと言う国は全然思いもしませんでしたし、考えも
有りませんでしたよ、それにフィリピンは東南アジアに有るくらいしかの
認識でした。
それが、ある日を境にフィリピンの事を真剣に考え、嫁さんもフィリピン人と
考える事に成りました。
この時、私の年齢は30代でしたが、妻子の有る身でしたね。
気持ちが変わる劇的な日付は今も覚えています、
その日は8月23日京都は伏見キヤスルランドのプールサイドでした。
その日は京都は地蔵盆で、妻は子供を連れてプールでもと言いますから、
私は子供を連れて伏見キヤスルランドへ

1010061.JPG

人生を変えた場所が此処なんですね、それも僅か30分で
家庭を崩壊させたところがここキャススルランドです。

1010062.JPG

これは何時撮影したか忘れましたが、ここにステージが有りました。




私はプールサイドで休憩していた時に、軽快なリズムが聞こえて
きました、プールサイドのステージに目をやると、肌は茶色の背の低い
女の子が6人が黒の衣装で、踊って居ました。
「なんだ!此奴らは?可愛過ぎるやないか!何処の国の子だ!」
そう思い、喰い入る様に無言で見て居ました。
実に素晴らしい、見て居ても、楽しいこんな国に行きたい、
その時から、私の頭の中はフィリピンの事ばかりでした(笑)

IMG_1215.jpg

2015年5月現在の桃山城

IMG_1233.jpg
遊園地の跡地はグランドが出来、お城が残るだけです。
この場所で僕は生き方が変わりました。



其の後、家に帰り地図を見て、フィリピンが何処にあるか調べ、
どうしたらフィリピンに行けるか真剣に考えて居ましたね。
この時は私の仕事は確か依託カメラマンをしていたと思いますが、
これを辞めていました。
次の仕事を探して居たら、とある貿易会社が社員の募集をしていました、
そこへ、行くと私の知り合いが専務職でした、その場で私はイキナリ、
課長でしたよ、そして担当がフィリピンと美味い話しで、1年後には
フィリピンに視察でした、今はマグロを探しに行きましたが、その時
今私しが暮らすマラボーンで不思議な食べ物を口にしました、
これが有名なナタデ・ココでした。


                   第1部終了


スポンサーリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
クリックにご協力下さい
posted by サント芹沢 鴨 at 13:19 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。