2015年05月02日


スポンサーリンク

そろそろ水に流そうよ。

本日は、私の話の中では禁じ手の韓国の話をします。

私はフィリピンに移住するまで、韓国は好きな国で、機会が有れば
行きたい国の一つです。それに知人も多く、高校生の時は親友が
韓国の方でした。またネツト仲間にも韓国の人も居られますし、
良い関係です。

そんな親韓の僕が、嫌韓に成りましたのには訳が有ります。
最大の理由は、従軍慰安婦問題ですね、
何故必要以上に謝罪だ!賠償だ!と言いますが、韓国軍はベトナムに
同じような慰安婦場があつたと聞いています。

それよりなにより、この慰安婦は仕事ですね、それも超高額な報酬を
得ていましたね。それに今もこの様な所て存在しています。
私はその当時生まれて居ませんし、判りませんので話しを聞いたり、
本を読んだり、して判断をしています。

私は今はフィリピンに暮らしています、フィリピンのパンパンガ州に
アンヘレスと言う市があり、ここに昔アメリカ空軍の基地が有りました、
その近くのバリバゴ地区に現在も歓楽街があります。それは凄い数です。
元々ここはそのアメリカ空軍の御用達の様の所、今はアメリカ空軍も
無くなり、今は世界から多くの旅行者が遊びに来ます。ヨーロツパ・中近東・
アジア・アフリカ等々からね、当然日本人も来ます、しかし、この近年
韓国から大勢の観光客が来て、今ではコリヤンタウンまで出来て居ます。

チョツト待てよ!韓国さん、貴方の国は女性問題を取り上げて、この様な
売春を嫌う国ですね、確か昔、韓国もキーセンと言う所で・・・・・・
これは語らなくて世界中が知る有名な所ですね。その韓国人が今ここに
押し寄せて来て、肩で風を切る勢いで歩き、韓国文字が溢れています。
ですから当然韓国マネーが落ちて喜ぶべきですが、此処で働く女性達は
喜ばないです。

私ね、ここの女性とも沢山知り合いました、良く話も聞きました、
韓国人は嫌いだと言う事を、
アンケートが出て居ます、好きな国は?と言う統計です、
好きな国、NO1はアメリカ人ですね、次が日本人ですよ、更にヨーロツパ人
です、そして嫌いな国NO1は韓国です。

実はネツト仲間で第二次大戦でフィリピンで戦いをされて、日本に無事生還
された方居られます。過去何度もフィリピンに慰霊に行かれて居ました。
私はこの方に色々な話を聞きました、戦争の話、山下将軍の財宝の話(これは次回ね)
それと女の話です、この時はまだ韓国は従軍慰安婦の話はしていませんでした、
しかし、私は当時の女の話しを聞きました。


s_013.jpg
s_009.jpg
この写真はその知人から頂きました。フィリピン市街戦

韓国の方が言う強制的にされたと言う話はありません。
また日本からもそのような女性が来ていて、『からゆき』と言われていたそうです。
極平和的だよ、またお金が居る事だから、その方は行かないと言うて居ました。

小野田少尉も言うて居ましたよ、韓国の方はくだらない事を言うて居ますねと(笑)
私は今まで数々の話を聞いたり、韓国が反日政策をしている事は、昔から存じていました。
これはこれで韓国国内で遣る分は問題は有りません、御髄にですが、しかし、関係の無い国に行き
反日政策を促す行為、他国で運動する行為、これは違うのでは?それよりなにより、
韓国は「内政干渉」という用語を理解出来ないのかな?それに歴史認識てなに?

こんな話はもう済んだ話です、過去の事は戻りません、それをとやかく1000年先まで
忘れない?韓国は今や先進国に?この発展は日本が手助けしたからですね、韓国が破綻しかけた
時、助けたのはアメリカ・日本です、携帯産業・家電・自動車産業等々誰が手助けした?
更にパクリ!文化は辞めないとね、 最近イタリヤのスパゲッティは韓国が元祖と言うています。

中でも韓国の発言・行動は日本人の私は許せる物では有りません。
日本国の天皇陛下に対す侮辱、日本国の国旗踏みつける行為、断じて許せない!

001korea.jpg
これは韓国国議員の方々です。
3265c98f.jpg
このポスターはフィリピンが作りましたが、韓国が抜けています。

仲良くしようと、言うけれど相手が反日していてどうして仲良く出来るの?
日本がどれほど配慮し努力を重ねても、図に乗って反日政策を行い、言いたい放題
奴らは何様のつもり?
そんな嫌いな日本なら来るなよ!なんで『冬のソナタ』なんか放映するのだ!
エスカレートさせて全部ぶち壊しきたのは韓国人、
戦犯とされた人達が靖国に合祀されたのは赦免されたからであって、
これは連合国も承認している。
いつまでも戦犯だのと喚き立てるのは国際法違反になるんじゃないのか?
もう死んで居るではないか、死んだ人間を何時までも憎む、それよりなにより
韓国とは戦争していないぞ!韓国さんには今まで十分にして来て居ますから、

そろそろ、水に流そうよ、これからの未来の為にね。
 

スポンサーリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
クリックにご協力下さい
posted by サント芹沢 鴨 at 08:09 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。