2015年04月27日


スポンサーリンク

明智光秀謎の首塚

明智光秀の謎首塚



IMG_0778.JPG
光秀の塚
IMG_0780.JPG
このお堂に有る光秀像

京都市東山三条白川
白川を南小さな石碑が饅頭屋さんの通りを東に約15m
此処に明智光秀の首塚が有ります。
天正10年(1582)本能寺で明智光秀が主君の信長を撃ちますが
京都山崎の天王山で、羽柴秀吉との戦いで、光秀は敗北して滋賀県は
坂本に逃避しますが、伏見は小栗栖の竹藪で撃たれます。
そして光秀の首は秀吉の元に届きます。
これが略真実ではないかと言われれて居ますが、
実は光秀は撃たれず、家康が助けたとか、秀吉が見た首は
誰か判らない程腐敗していたとか、話しは色々です。
この首塚の話も合わない点が有ります、伏見の小栗栖で撃たれた光秀、
家来がその首を持ち何故、東山三条の白川に居たかですね。
小栗栖から滋賀県は坂本はこれは正解の道ですが、
また東山三条は坂本とは反対です。この首塚に書かれている案内板には
こう書かれている、
光秀の家来がこの地で首を落とし、此処に埋めたと有ります。
しかし、これも不思議な話ですね、何故撃たれた光秀の首が
家来が持ち去るのか?したら秀吉が見た首は誰の?ですね、
それと家康の相談役の天海僧正は?お福様はと色々と疑問が
更に日光の明智平は?と明智光秀の痕跡が沢山あります。
天下の大罪の光秀が何故?ですね。
京都には光秀ゆかりの地も亀岡に光秀の戻り岩『敵は本能寺の地』が
小栗栖の明智藪、亀岡の光秀街道と有りますね。


スポンサーリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
クリックにご協力下さい
posted by サント芹沢 鴨 at 17:03 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク

起きた切り老人


私は若い頃から、早寝・早起きの癖が付いて居まして、もう10代の頃から
早寝・早起きでした。それは中学生の時には新聞配達をしていました。
それと高校生の時は牛乳配達をしていまして、結婚してからも牛乳配達は致しました。
これは色々家庭の事情が有りまして、続けて居ました。
それはまた違う考えが有りました、それは人間の寿命は短い物と言う認識です。
ですから、生きて居る間は頑張り,起きて仕事をしたいと言う考えです。
中には寝るのが趣味と言う方も居られますが、なんと「もつたいない」と思います、
人間は死ねば永遠に寝る事が出来る筈、それでは睡眠とは何か. 人生のうち睡眠に費やす時間は
約三分の一から四分の一、
人生80年と すると25年から20年は眠り続けている ことになります。
これは実に「もつたいない」では有りませんか、しかし人間は睡眠をしないと生きて行けません、
それで1日8時間とか10時間とかですが、唯長ければ良いものでは有りません、
これは熟睡時間ですね、私はつい最近まで1日3時間〜4時間です、これが何十年です。
ですから私は熟睡型です、1度寝ますと、何が起きても目が覚めません、
ですから夢は見ませんが、鼾は大きいようです。
私は58才で仕事を辞めまして、フィリピンに移住しました。
仕事を辞めてもう早く起きる必要が無いのですが、それでも早く起きてしまいます。
ですから、世間一般の人より私は長く起きて居ますね(笑)
普通の人より長く生きて居る事に成ります。
今の時代は、PCが有りますから、時間は無駄には成りませんね、
私は、起きて居る時間に動画を制作したり、掲示板に投稿したり、写真を整理したり
忙しいですよ(^^♪
老人は寝すぎると、ボケますよ(笑)
しかし言われています、寝たきり老人も大変ですが、起きた切り老人はもつと
大変ですと(笑)
私はもう70才に手が掛かります、もう後何年起きて居られるかですね、
でもね、私は人より睡眠時間が短いので、人様より長生きしています、
そこで計算しました、僕の平均睡眠時間は5時間です、人様の平均時間を8時間
としますね、すると僕は3時間長く起きています。これが今も続いて居ますから、
約45年以上は続けています、これを計算しますと、
3時間×365日×45年=49275時間÷24時間=2053,125時間÷365=5,6年
です、ですから実質私は74年生きて居ます(^^♪

これは余計な話ですが、私はこう考えます、人間は寝て居る時は死んでいる時です。
そして、人間は夢を見ます、この夢が問題なんですね、楽しい夢を見て居る時は
これは天国ですね、『夢なら覚めてくれるな!』ですが、怖い夢を見て居る時、
目が覚めた時、夢でよかつたと思います。
生きて居る時は目が覚めますから良いのですが、人間が本当に死ねば、
どうなんですかね?楽しい夢なら本当に天国ですが、怖い夢なら、これは真の地獄です。
幾ら怖くてももう目が覚める事無く、永遠に怖い夢から逃れられません。
これは非常に怖いですね。
ですから人間は常に怒らず、喧嘩せず、天に功を積みましょうね。
私はフィリピンで、懸命に功を積んで居ります(笑)



スポンサーリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
クリックにご協力下さい
posted by サント芹沢 鴨 at 05:52 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。