2015年03月09日


スポンサーリンク

携帯電話の事情

僕と携帯電話

実は僕ほど携帯電話を買う人間は少ないと思います。
安物の携帯なら、5年で50台とは言いませんが、これに近い数を購入したと思います。

フィリピン人は携帯電話が命の癖に、直ぐ売り飛ばしますよ。
ですから多い子なら1年で3台は買わされます。
私は歩く質屋ですから、携帯でお金を貸します。100ペソ(約230円)から5000ペソです。
しかし奴らは100%買い戻す事は有りません、携帯は多い時ななら、家に5・6台は有り保管しています、
私の家はオープンで誰でも来て、私の秘密の部屋に来て、なんだかんだと泥棒して帰ります。
簡単に物が盗める物で、子供が多く来ます。それも団体で、本来は子供だけなら家には入れませんが、
親同伴で来ますから、仕方なしに入れます。
即お金に代わる携帯が標的です。
そうですね、言い忘れましたが、マグサイサイに限らず、フィリピンは貧富の差が大きいので、
当然°泥棒が多いです、マグサイサイは知らない家には泥棒は入りません、知人宅とか家族間での
泥棒が多いですね。どんなに面倒を見て居る人でも平気で物は盗みます。
特に日本人から物を盗む事は何ら罪には成らないようです。
一度新しい彼女の家で、仮眠していて、首から下げていた、iphone4sを盗まれて居ます。
当然犯人は誰か判りますが、、『この家は子供が多いから、』と平気です、又私の見て居る前で
お金を盗む子供。フィリピンはヒツタクリ、スリ・強盗は日常的な事、私なんか10分で2回スりに
お金をスラれています。
ですから携帯電話の盗みなんか簡単な物です。
私が今まで、数知れず盗られて居ますが、一番酷いのは、夜中に知人が我が家に来て、好意で泊めてました、
すると私が熟睡している時に、現金・携帯を盗んで帰りました。
この時は別の部屋ですよ。それに、彼女にこれは盗むなよと注意しても、後日に彼女に家に行くと
それが有ります。
一度、私の母親の形見の傘を盗んで帰りました。兎に角盗みは犯罪で無く、文化ですね、
最近は私も慣れて、怒りませんし、盗まれるのは自分の不注意です、
フィリピンでは盗む人間は何も言われませんが、盗まれる人間は『盗られる者が悪いです』
兎に角、良く盗られます、こちらが注意しても、相手が盗む気なら、もうどうにも成りません、
一番良いのは誰とも仲良く成らない、簡単に家に入れない事ですね。
私は彼女が出来ても、ホテル代をケチる為、簡単に家に入れて被害に遭います。これは駄目ですね(汗)
私は自慢では有りませんが、58才まで、『盗られる、落とす、あげる』は私の辞書には
有りませんでしたが、フィリピンに完全永住を始め、妻が日本んで暮らすと、私は一人に
成りました、これからです、怒涛の如く、『盗まれる、落とす、あげる』に『忘れる』が
加わり、ナス術が有りません。
最近では、フィリピンの電車(LRT)でiphone5Sをヒツタクリに遭い、更にバイクからiphone4を
落とし、壊しました。
2月に日本に帰りiphone5をトイレにポチャリと落とし、妻から罵られ、一言も反論していません。
今は妻の言い付けを良く守り、何でもしています、機嫌取りに一生懸命に尽くしています(笑)



スポンサーリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
クリックにご協力下さい
posted by 極楽蜻蛉 at 10:57 | Comment(2) | 極楽蜻蛉の史跡周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする