2015年03月19日


スポンサーリンク

マグサイサイでお金にまつわる話です。

マグサイサイでお金にまつわる話です。

まず、日本人の皆さん、フィリピン人にはお金は貸さない事。

貸す時はプレゼントと思って下さい.

ハツキリ言います、100%返済は有りません。
これは何故かと言う事を説明します。


これはマグサイサイでの事です。
お金を借りに来るで無く、私を呼びにきます、
話しが有るから来てくれです。


そして、誰々が病気した、電気代が・水道代・家賃が、
ミルク・パンパースが買えない、中には仕事に行く交通費が無いと
色々ですが、

今の私は呼びに来ても、行きませよ、しかし敵もさる者、何度も来ますよ。


私はここに来なさいと言いますが、それでも本人は来ません。
私は完全無視です、本人はお金を貸せとは言わず、

ボロボロの携帯を出し、これを買えです。
新品で購入しても500ペソ程度、それを500ペソで
買えとは、ふざけて居ますよね。

マグサイサイはこんなのが多すぎます。

中には僕がプレゼントした、携帯を買えとか来ますからね。
兎に角、私への話しは1番はお金ですね、次が仲人(名付け親)
次が日本人の紹介ですね。

時には親が来て、娘の身売りの話とか、日本人を紹介しろとか、
私の家でメイドしたいとか、様々ですが、
必ず、前金をくれです、出すと仕事に来ませんからね。


お金を借りる時は、それはそれは、素晴らしい演技をしますよ。
泣く人、脅かす人、色仕掛けの人、良い事を言う人、
決まり文句は『私、可哀そうでしょう、』『ご飯食べられないでしょう』
丸で、僕がそのようにした様な言いかですね。
そして、どうしてもお金を手にするまで帰りません。
そして、借りると、もうその日から我が家には来ませんよ。
私が返済を求めると、良いじゃなとか、明日返すとか、言い訳は
山盛り有ります。


私は興味の有る子には、鼻の下を伸ばしお金を貸す時も有りますが、
この様な場合は返済は求めず、頭からプレゼントですね(笑)


今まで、貸与えたお金は相当有りますよ、お金は貸せば返して欲しいが、
プレゼントなら諦めも付きますからね(笑)


皆さん!フィリピンで、お金を貸す時は、あげる時ですからね(笑)



スポンサーリンク


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
クリックにご協力下さい
posted by サント芹沢 鴨 at 02:50 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする